新しい一冊との出会いのページ 専門書と楽しみの書店 "芳林堂書店" へのご来店ありがとうございます

再び・・・パリは燃えているか?...

再び・・・パリは燃えているか?

こんにちは。池袋外商部の「M」です。さて11月からNHKテレビにて「新・映像の世紀」の放映が20年ぶりに始まりました。 再び、加古隆氏の「パリは燃えているか?」の悲しく壮大なテーマ曲とともに20世紀初頭からの世界戦争の貴重な記録映像に心を揺さぶられます。 映像は否応なく人間の愚かさを民族も国家も超えて映しだしていきます。

この夏には邦画でも日本の敗戦の日を描いた「日本のいちばん長い日」がロングラン上映されていました。 12月の太平洋戦争開戦の日が近づくにあたり、今年の夏の文庫本ですが歴史の転換点を振り返ってみてはいかがでしょうか?    新潮文庫刊 NHKスペシャル取材班 編著

「日本人はなぜ戦争へと向かったのか  全3冊」
●メディアと民衆・指導者編  定価 ¥562
●外交・陸軍編  定価 ¥562
●果てしなき戦線拡大編  定価 ¥497

蛇足ですが ナチスドイツのパリ侵攻を記録した。ラリー・コリンズ、ドミニク・ラピエールの共著 『パリは燃えているか?』 は早川書房から刊行されていましたが現在、品切れのようです。 しかし、図書館などでは手に取られる機会はあるかもしれません。
こちらも名著です。

LINEで送る
Pocket

新しい一冊との出会い 専門書と楽しみの書店 [ 雑誌・書籍出版物 教科書販売 ]
芳林堂書店では、雑誌・書籍・地図から文具、さらには電子辞書や、DVD・CD・CD-ROM等のマルチメディアまで幅広く取揃えております。

芳林堂書店 HOME 店舗・外商部のご紹介
<東京都> <埼玉県> <神奈川県>
新しい一冊との出会い 専門書と楽しみの書店芳林堂書店