新しい一冊との出会いのページ 専門書と楽しみの書店 "芳林堂書店" へのご来店ありがとうございます

新年あけましておめでとうございます...

新年あけましておめでとうございます

2016年も芳林堂書店外商部をよろしくお願いします。

昨年は、通勤電車の中や教科書販売の合間や配達の途中で40冊あまりの本を読んだのですが、自分の中での栄えあるナンバー1に輝いたのは・・・

ジャジャジャーン

「リバース」相場英雄 著 (双葉社) でした。

相場英雄といえば、狂牛病を題材にしてスーパー業界にまでメスを入れた「震える牛」が傑作として有名ですが、個人的はこの「リバース」が第3作となる「ナンバー」シリーズも大傑作だと思います。

主人公は詐欺や汚職・贈賄を扱う警視庁捜査二課刑事。第2作の「トラップ」で失態をおかし、所轄署へ左遷されたところから始まります。

今回の題材は福島復興に関わる様々な詐欺案件。いわゆる「被災地支援詐欺」事件。福島の放射能漏れ被災地の現状を目の当たりにした主人公たちの驚き。そして、それを食い物にする犯罪者への憤り。

自分は電車の中で読んだのにも関わらず、共感のあまり涙が止まりませんでした。

今年は東日本大震災から5年がたちます。だが、原発の放射能漏れの影響を受けた人、町、村、社会、学校は今どうなっているでしょうか?除染はすすんでいるのうでしょうか?

「福島の復興なくして、日本の再生はなし」そう発言した日本の総責任者は今、何をしてるのでしょうか?

今後、芳林堂書店外商部は店舗と協力して「東日本大震災関連」「福島復興関連」のキャンペーンを張るプロジェクトも始動します。

そのときは、このブログ読んでいただいた皆様も真実を知って、是非ともご協力ください。(A)

 

LINEで送る
Pocket

新しい一冊との出会い 専門書と楽しみの書店 [ 雑誌・書籍出版物 教科書販売 ]
芳林堂書店では、雑誌・書籍・地図から文具、さらには電子辞書や、DVD・CD・CD-ROM等のマルチメディアまで幅広く取揃えております。

芳林堂書店 HOME 店舗・外商部のご紹介
<東京都> <埼玉県> <神奈川県>
新しい一冊との出会い 専門書と楽しみの書店芳林堂書店